Ringrazio di cuore~感謝心~



カテゴリ:Viaggio@長野( 47 )


新栗三昧in小布施旅@朱雀。

温泉仲間でもあり、すでに47都道府県を制覇している旅のツワモノ Yさんの企画で
今回の旅は実現しましたぁ~。

秋のこの時期にたった1ヶ月間しか食べられない、幻の新栗スイーツ。
1日400食限定で、朝8時から整理券が配られてなくなり次第終わりというわけ。
予約が一切できないから、行ってみないと食べられるか分からないというスリル満点!!!

私達も小布施のお店に到着したのが9時半頃・・・
d0193224_2315144.jpg


【小布施堂本店 朱雀】
由緒ある佇まいにみんなで「遂に来た~!!!」と実感。

おそるおそる店内へ向かうと。。。
なんとかぎりぎりで間に合いました。
幻とも言うべき整理券をGet!!!!
d0193224_2335194.jpg


ただびっくりしたことに~、
実際食べられる時間は・・・15時半~というからこのスイーツの凄さに脱帽しちゃった。

もちろん温泉好きな私達だから、それくらいの時間なら
日帰りを楽しめたから問題はなしだったけどね(笑)


そして×②遂に”新栗スイーツ 朱雀”とご対面。
風情ある日本家屋の入り口にはごっそり栗がお出迎えしてくれました。
d0193224_2373353.jpg


靴を脱いでお座敷でいただくのがこれまた憎い演出でした。
d0193224_2391218.jpgd0193224_2391871.jpg


これっ!!実際は想像以上なボリュームでした。
片手では覆うことができないくらいなの!!

それにこの蕎麦のような素麺状のものは・・・
新栗を蒸して裏ごししただけの、栗本来の味わいなの。
一切お砂糖も加えられてないから、香りがたまらない!!!
d0193224_2312182.jpg


しかもこの栗の木で出来たお箸でいただくのが通というから、
私達はみんなお箸でいただいたよ。
ほろほろと崩れるくらい、柔らかくておいしいの。

中は栗餡がたっぷり入っていて一緒に合わせて食べるのが
おいしさ倍増でおススメ!!!

見た目はどこかモンブランも思わす感じだけれど・・・
純”和”な味わいで男女、年齢問わずに楽しめるスイーツだと思います!!
ちなみにこれ1つに新栗が15個くらいだそうです。
1年分の栗をいただいたくらい贅沢なものでした。。。

これなら頑張って早起きしちゃうかな~!?

Continua...小布施名物の栗三昧!?
[PR]
by fiorente1107 | 2011-10-13 23:19 | Viaggio@長野

新栗三昧in小布施旅@駅弁

だいぶ更新遅くなってしまいました・・・。
色々気持ちの面でだいぶ落ち着いてきたので~、旅ブログ綴りたいと思います!!!

3連休の初日にin長野・小布施へ旅してきましたぁ。
とってもかわいい駅弁を発見して早速行きの新幹線で実食・・・
d0193224_2332719.jpg



d0193224_23323155.jpg



女子にはちょうどいいサイズかも!?

温泉仲間の女子4人&男子1人の旅の始まり~。


Continua...幻の”新栗スイーツ”!?
[PR]
by fiorente1107 | 2011-10-12 23:35 | Viaggio@長野

ぷち旅。

おはよう~。
今朝は5時半起きであまり平日と変わらなく、早いスタート!!


というのも…、
この時期しか食べることができない【栗スィーツ】を求めて
これからin長野へ行ってきま~す。

ただ栗の状態や数にも限りがあるから、
行ってみなきゃ食べられるかは分からないスリルもあって
テンションあがってます(笑)

ではでは出発~~!!!!!
[PR]
by fiorente1107 | 2011-10-08 06:44 | Viaggio@長野

ぷち旅@野沢温泉のエトセトラ。。。

野沢温泉と言えば・・・野沢菜も名産品。
その発祥の地が【健命寺】
d0193224_13192824.jpg


d0193224_132067.jpgd0193224_13201680.jpg


どっしりと佇む記念碑も存在感がありました。

このお寺の横にひっそり佇むのが【温泉薬師堂】
d0193224_13235313.jpg


ここには温泉の守護仏である薬師如来がまつられていて・・・
私も野沢温泉の素晴らしい湯に感謝の気持ちを込めて
手を合わせてきました!!


あとは~、必ずと言っていいほどあれば戴くもの。
温泉珈琲
d0193224_13274847.jpgd0193224_13284576.jpg


麻釜の目の前の坂道に沿うようにして佇む、お茶処。
苦手な私でも温泉地の珈琲ってブラックでゴクッと戴けちゃうからほんと不思議!?

あと~、おまんじゅう。
d0193224_13315746.jpgd0193224_13321915.jpg


『フキヤの温泉まんじゅう』
中でもこの栗入りは美味!!


それに・・・ここには野沢温泉オリジナルのミストもあるので
もちろんお買い上げ~!!
d0193224_13344720.jpg


伊香保温泉・四万温泉に次いで新たなミストをGetできたぁ!!

最後は・・・これも温泉地で見つけると集めてしまう、かわいい足袋。
d0193224_13375074.jpg


『三久工芸』
d0193224_13444633.jpgd0193224_13445651.jpg


これはあればあるだけ、温泉足袋には必需品!!
色んな柄もあってかわいいの。

それにここのお店のマダムにとっても嬉しいことを褒めてもらえました。
コンプレックスにも感じていた部分でもあったのですが・・・
とっても素敵よ~♪と言ってもらえて背中を押してもらえた気がします。
小さなことでも不恰好でも少しずつ形にしていけたら。。。

今回の旅もまた色んな気づきができてほっこりしました!!
やっぱり旅するように生きていこう~っと。
[PR]
by fiorente1107 | 2011-05-05 13:55 | Viaggio@長野

ぷち旅@あっつあつの麻釜。

野沢温泉と言えば・・・この光景ですよね!?
d0193224_12521578.jpg


d0193224_12523664.jpg


野沢温泉には30余の源泉があるようですが・・・
なかでも国の天然記念物に指定されている【麻釜】
人々に台所として日々色んな利用がされています。

d0193224_12552084.jpgd0193224_12554741.jpg


【大釜・茹釜】は90℃の熱湯が湧き出ているので
山菜や野菜、ゆで卵などおもに食料品を茹でているよう。
d0193224_1258850.jpgd0193224_12583176.jpg


【丸釜・竹伸釜】は71℃で
主に伝統工芸であるあけびづる細工のつるなどを温泉につけて柔らかくしてから編むみたい。
d0193224_1312858.jpg
85℃でガスが多いとのことで
他からは少し下ったところにありました。



地元の方のみ利用となっているけれど・・・
ひっきりなしに編みカゴにどっさり詰まれた葉っぱ物などが
色鮮やかに茹であがる様子は釘付けになっちゃう。
地元の方曰く、アクがほどよく抜けて甘みも増すみたい!?

私もこの麻釜に隣接しているお店で、
ここの源泉で茹でられた温泉たまごを戴きぃ~。
d0193224_1373273.jpg


この真っ黄色の黄身、たまらないよね!?
めっちゃ美味しかったぁ・・・
お店のおじさんも面白くて~、
たまご嫌いな人もこれを食べて克服しちゃう人も多いみたい!!
絶妙な加減で茹でているため、殻をむくのが一苦労。。。
お土産で買った野沢菜も抜群!!

野沢温泉へ来たら絶対に立寄りたいお店でした~。
[PR]
by fiorente1107 | 2011-05-05 13:10 | Viaggio@長野

ぷち旅@13外湯めぐりin北信州

長野駅に戻ってローカル線の旅。
JR飯山線で目指すは名湯・野沢温泉へ。
d0193224_11535694.jpg


千曲川沿いを走ること1時間弱で最寄の駅へ到着!!
d0193224_11545937.jpg


ここから”湯の花号”バスに揺られて15分ほどで温泉街へ・・・


野沢温泉には【源泉かけ流しの会】があるほど、
自然湧出にこだわりを持つ天然生源泉100%なんです!!
その代表でもあるのが~、温泉街に点在する13の外湯(共同浴場)めぐり
村の人々が湯仲間という制度で古く昔から維持・管理されていて
まさに街全体の共有財産そのものなわけ!!

私も早速、日帰りだったけれど4つをめぐってきました。
072.gif温泉街の中心に佇む【大湯】
単純硫黄泉/pH8.5
d0193224_1211781.jpg


野沢温泉のシンボル的な存在でまさに神社仏閣を思わす、荘厳な造り。
d0193224_1222258.jpgd0193224_122332.jpg


湯小屋全体が木の温もり溢れて気持ちよく浸かれます。
湯も手前が「ぬる湯」で奥が「あつ湯」と分かれているから、
交互に楽しめます!!
しかも源泉はこの建物のすぐ裏から湧き出ているというフレッシュそのもの。
ありがたいという気持ちでじっくり堪能しましたぁ。

072.gif街の名所でもある麻釜のさらに奥にひっそり佇む【滝の湯】
単純硫黄泉/pH7.7
d0193224_126207.jpg


普通の暮らしがある住宅街の坂道を上った先の山際に
木造のこじんまりとしたこの建物が目に入ってきます。
d0193224_1272179.jpgd0193224_1273318.jpg


広さはさきほどの大湯の三分の一くらいなので
一人でのんび~り浸かりたい場所かも!?
黒い湯の花が浮いていて・・・
外湯の中では一番神秘的なグリーン色と言われているみたい。
それにタイル張りの浴槽がなんともレトロ感満点!!
熱さもカッと身が引き締まる感じ。

072.gif人々の台所として愛される麻釜から源泉を引く【麻釜の湯】
含硫黄・ナトリウム・カルシウム・硫酸塩温泉/pH8.8
d0193224_12113622.jpg


唯一、人がいっぱいいて中の様子は撮れなかったけれど・・・
ここもタイル張りで一度に4~5人が限度くらいの浴槽かな!?
面白いことに~、源泉の麻釜は「おがま」と呼ぶのに
ここはなぜか「あさがまのゆ」というから、う~ん不思議だなぁ!!

072.gif私が一番気になっていた【熊の手洗湯】
含硫黄・ナトリウム・カルシウム・硫酸塩温泉/pH8.8
d0193224_12172046.jpgd0193224_12174045.jpg


これで三回目の満開の桜に今年は出会えましたぁ!!


d0193224_1219350.jpg


ここは名の通り、ケガをした熊が傷を癒したとされる
外湯の中でも歴史が古いところ。
それに美肌効果も高いということでウフフ・・・
d0193224_1221723.jpgd0193224_12212214.jpg


ここの湯のなんとも澄んだエメラルドグリーンに感動!!
熱さは・・・外湯の中ではぬるめで入りやすいと聞いていたけれど
個人的にはけっこうな熱さでした。
しかも私と同じ、一人旅の女性と出会ってしばしの会話を満喫できました。
こういう出会いが共同浴場の風情でもありますね!?

でも野沢温泉は全体的に熱めでカッと目覚めるような感じだけれど
肌にはなんとも柔らかく吸い付くような優しい感じもします。

他の9つの外湯は次回のお楽しみにしま~す!!
すべて基本は無料であるけれど・・・
やはり地元の方々がいつもきれいにお手入れしてくださっているので
気持ちのお賽銭はマナーとして心がけたいところですよね。

思っていた以上の素晴らしい湯に感激。
野沢温泉も意外に日帰りでも堪能できたのでまた新たな発見かも!?
でも次回はお宿も素敵なところがたっくさんあるので
泊まりでゆっくり行きたいなぁ~。

次は野沢温泉の名所・名物へ
Continua...
[PR]
by fiorente1107 | 2011-05-05 12:29 | Viaggio@長野

ぷち旅@善光寺参拝。

5月初日は一日お仕事・・・。
その反動で昨日は~、ゆるゆるな一日でした。
起きたいと思えるまでひたすら寝てて、
ベル君とお散歩に出掛けたあとはまたお昼寝Zzz・・・といった具合!?


その分、フル充電完了したので今日はin長野へぷち旅してきましたぁ~。

というのも・・・つい先日旅した別所温泉で北向観音は参拝して片詣りとなっていたので
向かい合わせに建つ【善光寺】へ真っ先に向かいました。

長野駅から路線バスで揺られること、15分で到着!!
d0193224_20385845.jpgd0193224_20391254.jpg


タイムスリップしたかのような風情ある街並みが石畳の両側に軒を連ねています。
この辺りは宿坊も点在しているようで・・・私も一度は泊まってみたいなぁ~。

d0193224_20415131.jpg


【仁王門】
この大きな門をくぐると・・・
両サイドに物産店や信州お蕎麦のお店などたっくさんあります。

そして本堂の手前に位置する【山門】
d0193224_20473126.jpg


d0193224_2048393.jpg


【本堂】
どっしりと佇む姿は一度は必ず訪れたい場所というのも納得な迫力でした。

しっかり手を合わせてお詣りもしてきました!!
これで北に位置する北向観音、南に位置する善光寺共に
足を運ぶことが出来ました。
d0193224_20525779.jpg


善光寺オリジナルの”一言守入 幸せ女みくじ”もひいて
したためられた言葉とお守りを大切にします。


最後、バスの待ち時間が少しあったので
ここに来たら絶対食べたかった『信州お蕎麦』を戴きましたぁ!!
d0193224_20565866.jpg


コシのあるお蕎麦ととろろが絡み合う触感がたまらなく美味しかった~。

この後はひと足延ばしてあの名湯の外湯めぐりへ
Continua...
[PR]
by fiorente1107 | 2011-05-03 20:59 | Viaggio@長野

別所温泉散策@温泉珈琲。

湯めぐりも満喫して身も心もぽっかぽか・・・。
最後はdolceで一息。

とっても素敵なご夫婦で経営されているcafeをみっけ~♪
d0193224_22481397.jpgd0193224_22482463.jpg


入り口には満開の枝垂れ桜がお出迎え。

カントリーテイストの店内は時が止まっているかのように
ほんと落ち着ける雰囲気でした・・・
私は一番気になっていたあれ!?を注文。
d0193224_22511959.jpg
072.gif温泉珈琲


毎朝山から汲んでくる温泉水で淹れた珈琲なの。
私、珈琲はほっんと苦手で自分から注文することはめったにないのだけれど・・・
これはなんと!!そんな私でさえもブラックで飲めてしまうほどの美味しさ。
珈琲独特のしつこさがなく、ほんとすっきり!?な味わい。
これは絶対戴いてほしいぃ~。

そしてこの珈琲のお供に。。。
d0193224_22544833.jpg
072.gifレアチーズケーキ


ピンク色をした薔薇は長野の名産、りんごでした~。
しかも、サービスでちょうど焼き上がったというスコーンまで戴いちゃいました!!
ほっくほくでうまい~。
d0193224_2257652.jpg


メイン通りからは少しそれた閑静な住宅街に位置するので
一人読書などをしてゆっくりするのもおススメなお店かな。

『風乃坂道』
別所温泉の豆腐で作ったケーキも一押しみたい!?
★★★★☆


[PR]
by fiorente1107 | 2011-04-27 23:03 | Viaggio@長野

別所温泉散策@湯めぐり。

別所温泉は開湯1000年ほどの信州最古の由緒ある温泉地で
街散策をしていると・・・至る所に”飲泉所”も見かけ、美人の湯としても有名。

私は温泉にハマってからというもの、
その地ごとに独特の雰囲気を楽しめる【共同浴場】へ出向くのが大好き!!
ココでも早速、外湯めぐりをしてきました。
072.gif【大師湯】
d0193224_2215774.jpg


d0193224_2232857.jpg


懐かしいタイル張りがいい味を醸し出しているなぁ~。

072.gif石湯
d0193224_2274152.jpg


他にもお客さんがいらしたので・・・残念ながら中の写真は撮れなかったけれど
ココは岩壁の間から源泉が湯船に注がれていました。
天然岩の浴槽と吹き抜けになっている高い天井が
何とも極楽~といった気分にさせてくれます。

072.gif大湯
d0193224_22114292.jpg


ココは時間的に入れなかったけれど・・・
共同浴場には珍しく、露天風呂があるみたい!!
次回はトライしてみようっと。

どこも番頭さんのようなおじいちゃんがお出迎えしてくれて
ほんとほっこりといった感じで地元の温もりを味わえる場所かな・・・
しかもびっくりなことにどこもたったの150円で入浴できちゃう。
ちなみに~、泉質はどれも単純硫黄泉/pH8.9
とってもお肌に優しくてそんな熱すぎないのでじっくり浸かれるかな。

この③つ以外にも、足湯ななくり
H20年にリニューアルしたばかりのあいそめの湯といったように
外湯めぐりだけでけっこう満喫できちゃう!!


あと私は今回愛読書の一つ、『温泉博士』の温泉手形を利用して
【旅館 中松屋】で日帰りを利用してきました!!
d0193224_22233358.jpgd0193224_22235395.jpg


ココのお宿はなんと!!
全館畳敷きなので、エレベーター内ももちろん畳。
とっても風情があって良かったぁ~。
d0193224_22262137.jpg


d0193224_222769.jpg


しかもお湯は100%源泉掛け流しで、眺望も抜群!!
072.gif夫神の湯 7階展望風呂
d0193224_22285132.jpg


d0193224_22292016.jpg


上信越国立公園の山々を見渡せて、ちょうど右端の方には浅間山も見えるみたい。

072.gif露天風呂&古代檜風呂
d0193224_22332750.jpgd0193224_2234054.jpg


泉質は単純硫化水素泉
露天風呂は吹き抜け造りで空を見上げられるようになっていて
真っ青の空を眺めながらで最高だったぁ!!


別所温泉の街並み自体が由緒ある雰囲気なので、
他にも素敵なお宿がたっくさんあるからまた今度他も巡ってみたいなぁ~。
詳細はこちらを⇒別所温泉旅館組合
[PR]
by fiorente1107 | 2011-04-27 22:41 | Viaggio@長野

別所温泉散策@信州の鎌倉。

d0193224_22444855.jpg


乗換え含め、小諸からトータル①時間ほどで到着~!!
このレトロな駅舎いい感じだよねぇ。

d0193224_22493731.jpg


d0193224_22495011.jpg


駅を出るなり、風になびいてふわふわ満開の桜がお出迎え。
埼玉はすっかり葉桜だったので、この新鮮な景色に感動しちゃいました!!


別所温泉は幾つも古寺が点在していて・・・
街並みの雰囲気も含めて【信州の鎌倉】と呼ばれるのが散策すると分かる気がします。
中でも今回、絶対立寄りたいと思っていたのが【北向観音】
d0193224_2393681.jpgd0193224_2310117.jpg


こちらは南向きの【善光寺】と向き合っているといわれ、
【善光寺=未来往生】なのに対し、【北向観音=現世利益】を祈願することから
共に一体となっているようです。
なので片方だけでは片参りとなってしまうようで、
私も近々、善光寺へ行く予定を考えようっと!!

また境内にある清めるお水も信州最古の名湯らしく、温泉でしたぁ!!
温かくて気持ちよかったぁ~。
d0193224_23202976.jpg


それにココは【縁結び】としても名高いようで
その象徴がこれ!!
d0193224_23244487.jpg


072.gif愛染桂
樹齢1200年ほどの大木で葉がハート型でもあり、
縁結びの霊木として人が集まるようです。
(私もしっかり強く念じてきましたよぉ~!!)

不思議と境内の中は空気がより清々しく感じて、
背筋がピンっと伸びながらも力の抜けたリラックス感を味わえます。

それにもう一つ、【厄除け】として古くから有名な場所です。
北向観音を囲む周辺には名物072.gif厄除けまんじゅうのお店が
けっこう軒を連ねていました。
おまんじゅう好きの私も早速、②軒で購入。
d0193224_23332786.jpg


どちらも独自の伝統ある製法で作られているようで・・・
薄皮茶の方はパックリ割ると、中に白餡も入っている美味しさ!!

今年は大厄でもあったので・・・ココには真っ先に引き寄せられました(笑)

別所温泉はお散歩気分でゆっくり回れる感じです。
お寺やお宿などと並んで、普通に人々の生活が垣間見れる場所かな。
私は今回、正味③時間の滞在だったので少しバタバタだったけれど
①日あれば十分満喫できると思いまぁす。
d0193224_23441875.jpg



空の占める空間がとっても広く感じたかな・・・。
さぁ~、お散歩で少し汗もかいたとこで別所温泉湯巡りで~す。
Continua...
[PR]
by fiorente1107 | 2011-04-25 23:46 | Viaggio@長野


Vivrò come sente♪Giorni quieti ...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ライフログ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事