Ringrazio di cuore~感謝心~



新しい家族・・・♪

なんか最近、ブログ更新がまだらになっちゃってますが・・・
先週末に我が家にとっては結果的には嬉しく明るい出来事が!?


新たに生後6ヶ月ほどのチビ猫を我が家で迎えることになったの!!!
愛しいベル君にも弟分が出来たわけです。。。
一先ず紹介しま~す。

命名【ち~たん】
d0193224_22453751.jpgd0193224_2245531.jpg



ち~たんを迎え入れるまでは母と大喧嘩して泣いたり・・・かなり激動な日々!?でした。

もともとち~たんは野良猫クンで、
我が家の近所に生まれたのをきっかけにほぼ毎日遊びにくるようになったわけ。
でもそんなある日1週間くらいまったく来なくなってしまって・・・

「人なっつこいから誰かにもらわれたのかな~」とか、
「もしや交通事故でもあったのか?」といろんなことが巡っちゃって。

そんな思いで過ごしていたら、1週間ちょっとしてふとひさびさち~たんが現れたの。
もう家族みんなで喜んでいっぱいご飯をあげてひと安心したら・・・
「あれっ???」と私が一番に異変に気付きました!!

歩き方がちょっと蛇行ぎみな上、左足が思うように動かないみたいで
ちょっとの段差も登れない状態だったの。

私はもうこの時点で飼い猫のように愛情が芽生えていたから・・・
そんな状態を野良猫だから~とほっとくことは出来なかった。

一先ず緊急で近くの病院へ行ってレントゲンを撮ってみると。。。
骨盤が折れていてちょうどうんちが出る部分がふさがりぎみで
このまま手術をしないとうんちが出ないからいずれ死を迎えてしまうと言われたわけ。
たぶん先生曰く交通事故で後ろ側をひかれたか、上にのっかられたかだろうとのこと。

この現状を家族で話し合ったところ、母はベル君がいるわけだし
手術しても飼うことはできないからこのまま宿命として野良猫にするしかない・・・
となんとも冷酷なことを言い出してもう大喧嘩!!

私は絶対、ち~たんは交通事故に遭ってもヨロヨロしながら
我が家に戻ってきたってことは・・・きっとここなら生きていける!!って思ったから
必死に来たんだ~って確信したの。
だから頑固な私は命最優先でち~たんを助けたい!!と言い張りました。

それで改めてベル君もお世話になっている先生の病院に連れていって
1週間入院させて検査した上で様子をみたところ・・・
奇跡的にも自力でうんちもするようになって食欲も旺盛らしく、
このまま生活させて問題ないということでした。

もちろん、歩くことにおいては少し足をひきづるしぐさがあるけれど
器用にち~たんなりに頑張っているし、手術をするとなるとこの小さな体に
プレートやワイヤーを入れることになるからそれは人間と一緒で
やらなくて平気な状態ならそういうものは入れないほうがいいわけだし・・・とのこと。

この先、もしうんちが出なくなってしまったらその時に手術をお願いすることで
一先ず退院できることになったわけです。
その頃には母への説得も落ち着いていました・・・

ただベル君ももうおじいちゃんで病気を抱えているから
ストレスが極力かからないように1階と2階で寝床は分けて飼うことになりました!!!
だいぶ長くなっちゃったけれど・・・これが飼うまでのいきさつです。


と~っても寂しがり屋で甘えん坊なち~たん。
私と似ているところがあるから余計愛おしい!!
今では毎晩一緒にベッドでゆるゆるしています。

今後ともベル君、ち~たんともによろしくお願いします。
[PR]
by fiorente1107 | 2011-10-18 23:16 | にゃん便り
<< 秋の夕焼け・・・ 『泥武士』 >>


Vivrò come sente♪Giorni quieti ...
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ライフログ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事