Ringrazio di cuore~感謝心~



夜明けの世界・・・

今日は・・・ずぅ~っと気になっていた写真家 山内悠さんのイベントへ行ってきました!!

温泉仲間のanneさんに教えてもらったのをきっかけに興味を持ち始めて、
ひとめで山内さんの世界観に惹きこまれちゃいました。


富士山の標高3,000mの山小屋からの夜明けを600日間撮り続けた写真家。
その写真集のスライドショ~を今夜本人解説のもと、
堪能できるという貴重なイベントだった訳です!!!
d0193224_237591.jpg


普段の日常の中では出会えないような自然の織り成す色彩が美しいのなんの!!
お買い上げした写真集の中から紹介・・・
d0193224_2310502.jpgd0193224_2311463.jpgd0193224_23111488.jpg


同じ地点からシャッターを切っているのにどれもまったく違う表情で
自然の雄大さや景色も生きているってことを実感させられる。

それに山内さんの独特な感性で面白いのがこちら。
d0193224_2314558.jpgd0193224_23143189.jpg


はじめのはそのまま夜明けの様子を撮ったものだけれど・・・
次のは同じ写真を逆さまにしたら”宇宙の世界観”を思わすものだったからという理由で
あえて逆さまに紹介しちゃうわけです!!
私、こういう感性大好き~。

他にも素敵な夜明けがいっぱいあるので詳しくは、
山内悠さんのサイトをどうぞ⇒【夜明け gallery】

この写真集が出来上がるまでの2006年~2009年の4年間の生活が凄いの!!
毎年6月1日~10月までの5ヶ月間を富士山の山小屋で生活する。
まさに自然と一体となって生活するから生きていくための術をみんなで日々考えて、
目の前に広がるこの景色と対話する。

そして雪が降る前に下山して東京の生活に戻って、
そこから4ヶ月を沖縄・西表島で農家を手伝いながら生活するというのが
山内さんの1年のサイクルとのこと!!

こんな風に今、という一瞬一瞬を精一杯生きている山内さんの言葉は
魂そのものでストレートに心に響いてきました!!

山内さん曰く、【日常の生活をするこの空間の上には、
この写真が示すような宇宙が広がっているということ。
実際自分が雲の上に身を置くことで気付けたこと。
この宇宙に自分という人間がしっかり存在しているということが分かる。】


だからこそ、今の日本の一人でも多くの人へこの写真を届けたい想いがあるようです。
それにひとえに夜明けと言っても、ほっんと自然の雄大さを実感できるほど、
色んな表情を見せてくれるもんなんだな~。

今日もまたしあわせな出会いへと繋がりました・・・。
[PR]
by fiorente1107 | 2011-09-28 23:47 | 本*映画ecc.便り
<< お散歩。 ひさびさのご褒美dolci♪ >>


Vivrò come sente♪Giorni quieti ...
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ライフログ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事